広告

Grabはシンガポールとマレーシアで便利だった!

海外旅行に行く際、もしくは海外出張に行く際、交通機関って結構重要ですよね。
僕も海外出張行かせてもらってる身としてお客さんのところへ打ち合わせに行くのに交通手段はかなり重要です。
最近、東南アジアへ出張の機会があって行ってきました。シンガポールの交通手段にGrabというアプリがあり、シンガポールでタクシー呼ぶのに便利と以前このブログでも書きました。

Grabを使ってみた!

先日、改めてマレーシアとシンガポールに行ってGrabを使う機会がありました。
かなり色々と変わってたのでびっくりです。

まず、GrabはUber化してました。
それは、タクシーだけでなく登録しているUberみたいな副業のドライバーも捕まえられるということです。
あと使えなかったですけど、色んな人と乗り合いで目的地まで行けるGrab シェアーはタクシーやGrabカーより安く目的地に行けるみたいです。せっかくなのでついでに色々と調べてみました。

Grabはシンガポールを拠点に東南アジア中心に展開している配車サービスの会社です。ソフトバンクや中国の配車サービス滴滴出行や最近はホンダなんかも出資しています。

メリットは

・面談により登録されたドライバーが運転
・目的地は事前に入力して配車するので改めてドライバーに伝える必要はない
・Grab payを登録しておいたらアプリ内で決済できるため会計は不要
・目的地まではGrabのマップで確認できるので回り道や遠回りされたらわかる
・ドライバー評価があるためドライバーはみんな親切
・領収書はe-ticketがあるためもらい忘れてもメールで必ずもらえる
・英語ができなくても目的地までいける



シンガポールは時間帯によってタクシーがホテルにこないとか道で捕まらないなんてことがよくあるのでGrabを使えばその悩みは解消できました。東南アジアではUberより車の数が多い気がしました。

Grab payはシンガポールで試しましたが日本のクレジットカードでも登録可能です。シンガポールやマレーシアなど東南アジアでGrabを使ってみようと思う方はGrab payの登録をおすすめします。手持ち現金が少なくてもGrab payに登録しとけばいくらになるかドキドキしなくていいですし、ぼったくられることもないです。登録方法はシンプルです。カード番号と有効期限、セキュリティー番号と名前を入力したら完了です。

Grabは今、配車のシェアを拡大してるようですのでシンガポールやマレーシアだけでなく、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムさらにヤンゴンだけならミャンマーまで対応しています。個人的にはUberより安心感があるので東南アジアに出張行ったらよく使ってます。

このブログが参考になってれば幸いです。
他にもブログ書いてますのでぜひ読んでみて下さい。
Twitterもやってるのでフォロー宜しくお願いします。

//adm.shinobi.jp/s/326a229b28b778709452d7bb337749c3

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。