広告

横浜の栗卸から始まったたい焼き屋横浜くりこ庵の新業態たい焼きカフェくりこ庵神楽坂店

9c72f59e643d0eeb5d6a8507ebbf7c02_s

神奈川県最大の都市、横浜市。幕末以降横浜港での貿易をきっかけに積極的な外国資本の獲得により日本有数の貿易港、港町となりました。今では京浜工業地帯の中核を担います。東京から30〜40km圏内にあるため都市部のアクセスもよく、横浜みなとみらい21地区のある桜木町周辺は開発を進めきた結果、おしゃれなお店などが立ち並び、若者に人気のエリアとなっています。また、横浜は、日本最大の中華街を抱えていることでも有名で多くの観光客でも賑わっています。

Screen Shot 2018-05-04 at 12.16.01

昔の情緒残る東京神楽坂に進出したのは、横浜発祥のたい焼き屋くりこ庵です。関東圏を中心に店舗展開をしており、現在34店舗を構えています。出店は、本店のある横浜より東京での店舗展開が多く東京発祥と認識されがちですが、実は横浜西口が本店になります。創業して67年目の老舗です。その老舗が東京神楽坂に出店したのは、新業態のうす皮たい焼き&カフェというカフェ業態のお店です。

IMG_3920

薄皮のたい焼きとドリンクが店内で楽しめるので神楽坂観光やショッピングの休憩、午後のひと時を過ごしたりするのに便利です。最寄駅は、飯田橋駅でアクセスも便利です。希少糖入り極み小倉あん(210円+税)は、希少糖を使っており、体脂肪を気にしたり、ダイエット中で甘いものを我慢しないと行けない人には嬉しい商品です。

希少糖は、カロリーがほぼゼロで体脂肪の蓄積を抑える効果があることで注目されている砂糖に変わる糖分です。食べても罪悪感が少ないスイーツというわけです。ただし、たい焼きの甘さはしっかりあります。薄皮でパリパリした生地の中に本当に希少糖なんですかといわんばかりのしっかりしたたい焼きのあんこの甘さ、けど後味はスッキリしているので気づいたら何個でも食べてしまいそうになります。

【住所】

東京都新宿区神楽坂2-6 PORTA神楽坂1F

【電話番号】

03-6280-8990

【営業時間】

10:00~21:00

【HP】

http://kurikoan.com/cafe.html

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。