広告

バンコクの誘惑とLCCの安さに負けて旅に出た 4

6. 3日目スタート

深夜まで騒いで朝少し早めに起床しました。体はまだ重く、お酒は残っていませんが、疲れは取れていません。

頭痛がちょっとするので、感覚的にはお酒が残っていないとはいえ、何かしらの影響はあるようです。

朝8時。

ホテルのカーテンの隙間から射す日差しは、今日も天気がいいことを証明しています。

出かけたいけど、ベットから起きれず30分ほど悶絶してました…

今日は、カオマンガイをリベンジしようと心に決めたので、今日もホテルの朝食をスキップして、コーヒーだけ目覚めに飲んで、サラデーン駅へ向かうことにしました。

サラデーン駅へは、体があまりにも重かったのでGrabで行くことにしました。

サラデーン駅に着いてから、再びカオマンガイの屋台にしようか、ギンヘンにしようか悩みましたが、屋台を目指すことにしました。

グーグルマップとYouTubeの記憶を元に屋台を探し回りますが、なかなか見つかりません。

おかしいなーと思いながら10分ほど周辺を探したけど、見当たりません。

探しても見つからなかったので、今日は諦めることにしました。

しかも、暑すぎてもうなんだかカオマンガイの気分ではなくなったのもあります。

なので、お昼に食べようと思っていたトムヤムクンラーメンを食べに行くことにしました。

トムヤムクンラーメンは、日本でも有名なPe Aor(ピーオー)へ行くことにしました。

最寄駅は、BTSパヤタイかラーチャティーウィーです。

なんとなくパヤタイへ向かい、そこから歩くことにしました。

相変わらず素敵な路地をグーグルマップに案内されて10分ほどで目的地に到着しました。

あたりは、とってもローカル感のある素敵な場所で、屋台の料理も食べてみたかったのですが、今日はトムヤムクンラーメン。

Pe Aor(ピーオー)の入り口で調理をしているので、すでにトムヤムクン臭が漂って、食欲を刺激されます。

お店の中には観光客らしき人もちらほらいました。

メニューを一目で見て、直感で決めたトムヤムクンラーメンがこちらです。

豚肉入りのトムヤムクンラーメンです。

匂いが独特ですが、朝ごはんを食べれてないので食欲がめちゃくちゃ刺激されます。

写真に撮り忘れましたが、辛いラーメンを食べるならやっぱりお供は、ビールということで朝11時過ぎでしたが、ビールも頼むことにしました。

辛いのは辛いのですが、麺はあっさりしていて、スープは、辛さの中にもココナッツミルクの甘さがあり、ほどよい刺激でビールと汗が止まりません。

結構美味しかったのですぐに食べ終わりました。

もうちょっと量が欲しかったなと思いながら、食べ過ぎはいけないので、腹八分目で我慢します。

お店を出たら、いよいよ観光開始です。

今日の観光スポットに選んだのが、タリンチャン水上マーケットです。

Grabを使おうかと思ったのですが、せっかく旅に来たのでバスで移動することにしました。

Pe Aor近くの幹線道路からバスに乗れるようでしたが、リサーチ不足により、一番わかりやすいバス停があるセントラルワールドへ移動することにしました。

次は、BTSラチャティーウィー駅から移動することにしました。

ラーチャテーウィーからBTSに乗って、サイアム駅に向かうはずが、ぼーっとしていて乗り過ごしてしまい、ラチャダムリ駅で降りて歩くことにしました。

セントラルワールドに到着したら、まず、店内で涼みながら両替をします。

セントラルワールドの中にある銀行の両替は、レートが結構いい上に手数料が取られていませんでした。次からここで両替しよう。

セントラルワールド前のバス停からタリンチャン水上マーケット行きのバスを捕まえることにしました。

セントラルワールド前のバス停からタリンチャン水上マーケット行きのバスは、79番です。

ちなみにタイのバスは、乗ってから乗務員の人が行き先を確認して料金を請求にきます。

英語がたまに通じますが、通じない時もあります。

ただ、乗務員に「タリンチャン」といえばわかってもらえます。

タイ語で言う場合は、「タラートナーム タリンチャン」だそうですが、発音が難しいですし、とてもいえそうになかったので、「タリンチャン」とだけ告げて、わかってもらいました。

しかも、バスの乗ったら降りるのが難しいのですが、優しい乗務員さんが降りるバス停で教えてくれたので、迷わずタリンチャン水上マーケットに行くことができました。

タリンチャン水上マーケットに来た目的は、買い物やグルメではなく、ボートツアーです。1時間のボートツアーがあると聞いて乗ってみたくなりやって来ました。

ボートツアーを申し込む場所は、タリンチャン水上マーケットの入り口から突き当たりに行くと看板があります。

観光客が必ず申し込みしているのですぐにわかります。

ボートツアーを申し込んだら出発まで20分弱しかないことに気づきました。

あまりブラブラできないので、とりあえずトイレを済ませて、帰って来たら何か食べたいものはないかと周辺をチェックしました。

時間になったので、ボート乗り場へ行くと、ゾロゾロと他の観光客も集まってきます。

めちゃくちゃ沈みそうなボートですが、20数名ほど乗って、ボートは無事出発。

天気は、晴れ曇りなので丁度いい感じです。

風が気持ちよくて、ボートツアーに参加してよかったなーとしみじみ思っていました。

が、それも束の間、結構水しぶき飛んでくるから微妙に服が濡れることが判明…

ボートツアーは、タリンチャン水上マーケットを出発して、川を下ります。

途中で停止してパンを買って、大量のフナみたいな魚にパンをあげてからお寺に移動し、お寺で30分ほど自由時間の後、戻る、1時間ツアーです。

ここでボートを横付けして、パンを売る人がやってきてパンを買います。

確か一斤12バーツです。

ちなみに買ったパンは、人間も美味しく食べることができます。写真にはすでにフナの影が…

お寺のそばに停泊して自由行動になるのですが、降りてすぐのところに同じようなパンが売られています。

なんならここでパンをあげても十分フナが群れて現れます。

お寺の周辺をあっという間に回ってしまうので30分も時間もつかなと不安でしたが、路地みたいなところをウロウロすると意外といい探検になって気づいたら30分すぎてみんなが一斉にボートに乗り込んでいました。

異国の地ですが、なんだか昔のおばあちゃん家の近くのような雰囲気で、どことなく懐かしいような感じに包まれてぼーっとしてしまいました。

この後、この細い道からバイクが何台も登場してびっくり。

この道をバイクが走ってくるのは、油断していました。

結構器用にこの狭い道をみんな乗りこなしていたので、ちょっとバイク乗ってみたくなりました。

1時間のボートツアーを終えて、時間はもう3時近くになっています。

今日は、まだチャトチャックマーケットに行っていないので、早々にタリンチャン水上マーケットを切り上げ、チャトチャックマーケットを目指します。

タリンチャン水上マーケットから79番のバスに乗って、ラーチャティーウィー駅周辺のバス停で下車し、BTSに乗り換えて、モーチット駅を目指します。

モーチット駅に到着した時はすでに4時を回っていました。

一応マーケットは、6時までなので時間があまりありません。

急いでおもしろTシャツのお店を目指すのですが、その前にお腹が空いたので腹ごしらえします。

チャトチャックマーケット名物?パエリアとビールです。

気分的にChangビールではなくて、ちょっと贅沢にシンハービールを注文しました。

このパエリア、肉も米も全部美味しかったです。

腹ごしらえをしたらすぐにお店に向かいます。

お目当てのTシャツをゲットするミッションがあるので、気持ちが焦りますし、そういう時に限ってなかなか見つかりません。

なんとかお目当てのTシャツを見つけて無事購入できたので、一安心。

Tシャツを購入して、安心したのも束の間、激しい夕立に見舞われて足止めをくらいます。

20分ほどして止みました。けど、めっちゃ雨降ってました。

ヘトヘトになったので、ホテルに帰ることにしました。

しかし、タクシーやGrabは雨の後なので、混雑していると想定して、MRTで最寄り駅まで移動することにしました。

ホテルから比較的近いところにあるMRTフワイクワーンで下車します。

写真を撮り忘れましたが、この駅のそばにソンブーンシーフードがあるので、今日の晩御飯とすることにしました。

帰りは、ソンブーンからGrabでホテルへ向かい、無事到着。

セブンイレブンで飲み物だけ購入して、今日は寝ることにします。明日は、カオマンガイリベンジしようかなー

広告
tarafu9
  • tarafu9
  • 食を愛してやまないしがないサラリーマンです。地方で生まれ大阪に出てきましたが春まで東京にいました。関西や海外などの旅ログやグルメ情報を中心にブログを書いていきたいと思ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。