広告

ヨーロッパ出張のついでにドイツへ立ち寄ってみた 1

1. 東京 羽田空港

これは、去年の話ですが、仕事でオランダ、ベルギーとドイツに行きました。

羽田空港から通常ならルフトハンザや経由便が安いのですが、なぜかこの時はタイミングよくANAがリーズナブルでした。

ANAでフランクフルト経由してアムステルダムへ行き、ベルギーに移動してからドイツに戻り帰るルートです。

羽田空港は、利便性の高い空港です。

都市部からのアクセスが良好なのと空港に隣接してホテルなどがあるからです。

ただし、プライオリティーパスが使えるラウンジがありません。

空港でプライオリティーパスを使ってラウンジで時間を潰そうと考える人は要注意です。

それでも、制限エリアに入ってもフードコートなどが充実しています。

2. ドイツ フランクフルト

オランダとベルギーで打ち合わせが終わり、フランクフルトへ戻ってきました。

翌々日に帰国予定でしたが、時間が空いたのでちょっと観光することにしました。

ホテルから歩いていくと綺麗にライトアップされている橋みたいなところに着きました。

結構綺麗です。

お目当てのレストランまで歩いてそんなに遠くないようなのでこのまま歩いていきます。

レストランの名前は、「Daheim im Lorsbacher Thal」です。

ドイツ語ができないのでなんて読むかはわかりませんでした。

ドイツといえばビールですが、白ワインも有名です。

ワインというと最初テイスティングをして、グラス半分くらいに注ぐイメージがありました。

しかし、ドイツのワインは、なみなみと注がれています。

お酒好きなので嬉しいですけど、いい意味でイメージを裏切られました。

ちなみにこの後もう一杯頼みましたが、またなみなみと注がれてました。

ワインのあてはもちろんソーセージです。

本場のソーセージはやっぱり大きいです。

ジューシーで噛んだ瞬間に肉汁が溢れて美味しい。

ビールにも合うけど、意外とワインにも合うので最高です。

もう一つは、店員さんおすすめの肉を頼みました。

ナイフ刺したまま出されたのが斬新でした…

しかも、何かにつけてマッシュポテトが付いてくるので、テーブルは、マッシュポテトだらけです。

お腹いっぱいにワインと料理を堪能したので、また歩いてホテルに戻ります。

ホテルに戻る前に迷い込んだ広場が素敵でした。

翌日は、日本の休日に働いたため、急遽代休をもらえました。

せっかくなのでドイツで最も行ってみたい都市、ケルンへ足を延ばしてみるつもりです。

広告
tarafu9
  • tarafu9
  • 食を愛してやまないしがないサラリーマンです。地方で生まれ大阪に出てきましたが春まで東京にいました。関西や海外などの旅ログやグルメ情報を中心にブログを書いていきたいと思ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。