広告

大阪西区新町にあるこだわりの和菓子屋 餅匠しづく

大阪市西区新町は、隣町の堀江と並んでおしゃれなカフェが立ち並ぶエリアとビジネス街が入り組んだ町です。

最近は、住みたいエリアとして人気の高いところです。

ちょっと前までは、様々なメディアで取り上げられていました。

確かに難波や本町、淀屋橋などへのアクセスがいいところです。

余談ですが、大阪市西区新町の新町南公園に「ここに砂場ありき」という石碑があります。

これは、大阪城を作る際に必要な資材を置く置き場だったそうです。

大阪城を作る資材置き場が今や人気の住宅エリアになるとは誰もこの時想像してません。

あと、その石碑の裏には、「本邦麺類店発祥の地 大阪築城史跡・新町砂場」という文字が刻まれています。

実は、ここ大阪市西区新町は、蕎麦屋さんとして営業したお店の発祥の地と言われています。

きっと諸説色々あるとは思います。

ただ、関西は、蕎麦よりうどん派が多いです。

さて、余談はおいておき、今回のお店は、餅匠しづくです。

和菓子というと老舗のイメージですが、しづくは、そのイメージをいい意味で裏切っています。

お店は、西大橋駅から歩いていけます。

餅匠しづくは、食にこだわりを持つ店主が厳選に厳選を重ねて選び抜いたもち米を使用しています。

和菓子は、あまり食べないもしくは高齢者しか食べないように思われがちです。

しかし、しづくの和菓子は、老若男女問わずに受けています。

割と店内にも若い世代が来店していました。

今回買ったのは、ずんだ餅と大福です。

どの和菓子も美味しいです。

ずんだ餅に関しては、ずんだの味と餅の柔らかな食感が絶妙でした。

大福もとろけるように口の中に浸透してくるのでとても食べやすいと感じました。

友達の家へのお土産や差し入れなんかでも喜ばれる和菓子です。

女性うけは間違いないかと思いました。

もちろん、甘いものが苦手な男性も食べれるかと思います。

広告
tarafu9
  • tarafu9
  • 食を愛してやまないしがないサラリーマンです。地方で生まれ大阪に出てきましたが春まで東京にいました。関西や海外などの旅ログやグルメ情報を中心にブログを書いていきたいと思ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。