広告

ミシュランバーガーを香港で食す!The Butchers Club Burger

5d73cbf5ee81d2ef4ad55398f5a5fcc3_s

日本人の観光地としても有名な香港。1997年にイギリス植民地から解放されてから早21年が経ちました。香港というと香港という国をイメージしている人も多いですが、実は中国の特別行政区なので香港は国としては中国の一部となります。ただ、昨今は、若い世代を中心に香港は中国ではないと独立の意志が高まり度々衝突を起こしています。

それでも観光地やビジネスとしてはまだまだ盛んで様々な国から人が押し寄せています。シンガポール同様、中国語と英語が通じるのは観光もビジネスも大きく影響しているように感じます。ちなみに香港は小さい国とも思われていますが、どれくらいの国土かというと札幌市とほぼ同じくらいになるようです。

Screen Shot 2018-05-13 at 14.57.32.png

今回はスイーツではなく、ハンバーガーのお店を紹介します。香港でアメリカ人が起業し、香港を中心に中国、シンガポール、バリなどに店舗展開しています。地図のお店はThe Butcher Club BurgerのTsim Sha Tsui店です。店内は、オールドアメリカンのような雰囲気の内装で中には香港の人の姿は少なく外国人でにぎわっています。それもそのはず、ハンバーガーがでかい!とにかくボリュームがあります!

2016年にミシュランの星を獲得した店舗なので人気もあり、味も確かです。ハンバーグから溢れるジューシーな肉汁は、日本で食べるハンバーグとはまた違ってかみごたえもしっかり、ボリュームもしっかり、肉汁もジューシーで満足です。中華ではなく、イタリアンでもない何か他の香港で食べれるグルメを探しているならThe Butcher Club Burgerはオススメです。

【店名】

The Butchers Club Burger K11 Mall

【住所】

香港Shop G34-35, G/F, K11, 18 Hanoi Road, TST

【電話番号】

 (+852) 28977522

【営業時間】

10:00~22:00

日曜営業

【定休日】

なし

広告

Grabはシンガポールとマレーシアで便利だった!

海外旅行に行く際、もしくは海外出張に行く際、交通機関って結構重要ですよね。
僕も海外出張行かせてもらってる身としてお客さんのところへ打ち合わせに行くのに交通手段はかなり重要です。
最近、東南アジアへ出張の機会があって行ってきました。シンガポールの交通手段にGrabというアプリがあり、シンガポールでタクシー呼ぶのに便利と以前このブログでも書きました。

Grabを使ってみた!

先日、改めてマレーシアとシンガポールに行ってGrabを使う機会がありました。
かなり色々と変わってたのでびっくりです。

まず、GrabはUber化してました。
それは、タクシーだけでなく登録しているUberみたいな副業のドライバーも捕まえられるということです。
あと使えなかったですけど、色んな人と乗り合いで目的地まで行けるGrab シェアーはタクシーやGrabカーより安く目的地に行けるみたいです。せっかくなのでついでに色々と調べてみました。

Grabはシンガポールを拠点に東南アジア中心に展開している配車サービスの会社です。ソフトバンクや中国の配車サービス滴滴出行や最近はホンダなんかも出資しています。

メリットは

・面談により登録されたドライバーが運転
・目的地は事前に入力して配車するので改めてドライバーに伝える必要はない
・Grab payを登録しておいたらアプリ内で決済できるため会計は不要
・目的地まではGrabのマップで確認できるので回り道や遠回りされたらわかる
・ドライバー評価があるためドライバーはみんな親切
・領収書はe-ticketがあるためもらい忘れてもメールで必ずもらえる
・英語ができなくても目的地までいける



シンガポールは時間帯によってタクシーがホテルにこないとか道で捕まらないなんてことがよくあるのでGrabを使えばその悩みは解消できました。東南アジアではUberより車の数が多い気がしました。

Grab payはシンガポールで試しましたが日本のクレジットカードでも登録可能です。シンガポールやマレーシアなど東南アジアでGrabを使ってみようと思う方はGrab payの登録をおすすめします。手持ち現金が少なくてもGrab payに登録しとけばいくらになるかドキドキしなくていいですし、ぼったくられることもないです。登録方法はシンプルです。カード番号と有効期限、セキュリティー番号と名前を入力したら完了です。

Grabは今、配車のシェアを拡大してるようですのでシンガポールやマレーシアだけでなく、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムさらにヤンゴンだけならミャンマーまで対応しています。個人的にはUberより安心感があるので東南アジアに出張行ったらよく使ってます。

このブログが参考になってれば幸いです。
他にもブログ書いてますのでぜひ読んでみて下さい。
Twitterもやってるのでフォロー宜しくお願いします。

//adm.shinobi.jp/s/326a229b28b778709452d7bb337749c3

プライオリティーパスを今更ながら使ってみた!

prioritypass1

海外旅行に行く際もしくは帰ってくる時、空港で時間が余ってしまったりするとちょっと暇ですよね。
日本はまだいいですけど、海外の空港でカフェといってもヨーロッパなんかだと1杯のコーヒーでも結構良い値段してしまいます。
そんな時に空港のラウンジが使えたら嬉しいですよね?空港にあるラウンジは主に

1.航空会社のラウンジ
2.カードラウンジ

2種類に分かれると思います。カードラウンジはゴールドカードやアメックスなんかで入れたりしますけど、正直クオリティーが…
航空会社のラウンジはANAやJALなんかだと上級会員限定になってしまってるのでビジネスクラスやファーストクラスでも乗るかスターアライアンス、ワンワールドなんかの上級会員でないと入室できません。ただ、一部の航空会社はそんなのがなくても入れます。その特権を得れるのがこのプライオリティーパスです!

充実したサービスと補償であなたの生活をサポート!楽天プレミアムカード
prioritypass1まず、このプライオリティーパスが何かというと「搭乗クラスに関係なく、手頃な会費で空港ラウンジを利用できる」権利があるカードです。搭乗クラスに関係なくラウンジが利用できたらいいですよね!ただし、注意したいのが全ての空港で使えるというわけではありません。また日本国内の地方空港では使えるとこはありません。しかも、悲しいことに羽田空港(2017年10月現在)には国内・国際線のターミナル共にプライオリティーパスで入れるラウンジが存在しません!

プライオリティーパスを入手する上で普通にプライオリティーパスのサイトから入会することもできるのですが、通常の入会だと入会費が下記のようになってます。
prioritypass2

なかなかいい値段しますよね~。
ただ、安心して下さい!日本にはいい裏技というかテクニックがあります。それは、こちら↓↓↓

楽天カードでポイント生活はじめよう!
楽天カードのゴールドカードに入会するしたらプライオリティーパスを付帯することができます!
そうすると年間約40,000円を払って入会し世界1000カ所以上でラウンジを利用できるカードが年会費10,000円(税別)で利用できるようになります。年間最低1回は海外に行くなら作っておいて損はないカードかなと思います。

さらにマイルを貯めてる、貯めようとしてる方ならポイントサイト経由で楽天カードを発行し、プライオリティーパスを付帯すれば、ポイントサイトでのポイントも貯まって1石3鳥ですよね!?

さて、そんなカード。今では海外に行く人、航空会社のマイル貯めてる人たちにはかなりメジャーになりましたが、僕は今更活用してみました 笑
こんな使い方もあるんやと参考になれば幸いです。

先日、出張で中国上海へ行きました。帰国便は朝早い便です。なぜか?早く帰りたいからです 笑
朝早い便なんかだとホテルの朝食に間に合わないことって結構ありますよね?空港で買ってもいいのですが今更小銭が増えるのも嫌だし、カードで買ってもいいけど、空港はほぼ大丈夫ですが中国はたまに国際カード(VISA、Master cardなど)が使えなかったりします。そうなってもめんどくさい。そんな時、上海浦東空港にはプライオリティーパスで入れる空港ラウンジがあると気付きました。
pvg

僕が今回お邪魔したのはTerminal 2にあるNo.69のラウンジです。もちろん、他にも浦東空港はプライオリティーパスで入れるラウンジがあるのですが、ANAやJALといった日系航空会社を利用するとこのNo.69のラウンジが比較的ゲートから近いです。といっても搭乗口まで場合によっては10分くらい歩かないといけないので当日乗る飛行機の搭乗口には要注意です。

このラウンジは朝6時から入れます。そして何がいいか?何が有効活用できるか?それは朝食をここで済ますことができます。
wifiも受付で言えばIDとパスワード教えてくれるのでちょっとした仕事しながら朝ご飯を食べることができます。僕が行ったときは上海焼きそばと肉まんみたいなものがありました(写真なくてすみません…)

ここでも注意があります。

1.同伴者有料のケースが多い
2.空港によっては食べ物やアルコールが有料
3.搭乗時間などの案内はないため自分で時間をチェックしていないといけない

なので一人で海外旅行行く人や海外出張を頻繁に行くけどまだ航空会社の上級会員ではないなんて人には最適かもしれません。
ちなみに他にも仁川空港ではKALラウンジが使えてビールが飲み放題でした!

まだ使ったことない人、まだ入会したことない人いましたら海外行くことあるならぜひ検討してみて下さい!
この記事が参考になったなら幸いです!

他にも記事書いてますのでぜひ読んでみて下さい!

楽天カードでポイント生活はじめよう!





 

スカイスキャナーを使いこなす

海外旅行や出張の際、航空券を手配すると思いますが、みなさんはどうやって探してますか?

Expedia?
トラベルコちゃん?
それとも旅行会社とかですか?

今回、僕が実際使って便利と思うのでおススメしたいのが「スカイスキャナー」です。



何が便利か?じゃあ、実際の画像を使って説明しましょう!
まずはサイトにアクセス↓
toppage

次に行きたい場所を検索。例えば、東京からロサンゼルスだとこんな感じです。
secondpage

年間を通じて旅行計画する人なんかは「最安値の月」を選択して、特定の月があるなら、例えば10月とかなら10月を選択します。
で、検索ボタンをクリック!検索画面は12月で検索してみました。
3rdpage
4thpage

上の画像のようにカレンダー形式で日にち毎に最安値の概算が検出されます。
そこで安い日もしくは自分が行こうと思ってる日の値段を参考にしてみてください。
もちろん、日にちをクリックすると該当する日の航空会社各社の見積もりが安いのから高いのまで検出されます。

ただし!このカレンダーの料金、当然ですが片道ずつ表示されてますのでパッと見て3万安い!ってならないように注意して下さい。

このブログが役立ったら嬉しいです!

JAL 日本航空

海外旅行を安くする方法!?


今回はenaを使って旅行に行ってみました。
enaとは、expediaのような格安ツアーや格安航空券などが予約できるサイトです。

海外格安航空券ena(イーナ)

さて、世は国慶節と三連休。こんな時に旅行を予約したら高くて当然ですよね汗
enaで見ても当然通常のルートは高いです。

僕は以前旧正月とかぶって旅行に行こうとした時、関空からタイ バンコクへの航空券がエコノミーで17万と言われてビックリしました。enaを使っての裏技と言うかちょっとしたテクニックになりますが、関空や成田、羽田は基本的に休日はすごく高いですし、混雑します。当たり前ですが…

じゃあどうすればいいか?

経由便を活用しましょう!
僕は、福岡空港から仁川空港を経由してバンコクへ行きました。
関空からだとエコノミー往復で約17万が福岡空港から仁川空港を経由してバンコクへしかもホテル代込みで8万弱になりました!もちろんシーズンにもよりますし、タイミングにもよりますが、試す価値はあると思います。

ちなみに大韓航空等を活用して仁川空港経由でバンコク等へ行くと、普通は経由と言われたら待ち時間が長いとか待ってる間が退屈と思われがちですが、仁川空港はトランジットする人用の無料ツアーを用意してくれてます。

https://www.airport.kr/pa/ja/d/4/2/5/index.jsp

入国審査前付近にカウンターがあり、そこで何時間トランジットの時間があるからと伝えると最適なツアーをオススメしてくれます。僕は4時間くらいあったのですが、1時間半のお寺ツアーに参加しました。しかも、無料ツアーなのにガイド付きで変なお土産屋さんへ連れて行かれることもありませんでした!

LCCの活用もいいと思います、色んな方法があると思います。今回の記事が連休や休みを取って海外旅行をお考えの方、参考になれば幸いです!

海外格安航空券ena(イーナ)